ウェディング 質問

【ご質問】ブライダルエステはするべきでしょうか?

Q.ブライダルエステは必要でしょうか?結婚することになったのですが、友人がエステに行かせてもらいなさいよ、と言ってきます。あまり予算も掛けられないので、できるだけ無駄は省きたいのですが、友人は、一生に一度の式なんだから、一番綺麗な自分でいるようにするのも必要経費ではないか、と言うのです。確かにエステには行ってみたいし、挙式時には40歳と若くもないので、できるだけ綺麗な状態で式に臨みたいのは山々なのですが…。具体的な費用と内容を教えていただけると助かります。

A.ご結婚おめでとうございます。ご友人の仰ることはもっともですね。一番綺麗な自分で式を挙げる方が、ドレスも一段と映えますし、写真に残しても見返すのが楽しみになります。

具体的な費用と内容ですが、エステサロンによって様々ですので、一概にいくら、とは言えません。しかし、意外と安いところが多く、これくらいなら行ってもいいかな、と思えるぐらいの値段です。エステを受ける回数や期間にもよりますが、半年前からの施術で数十万円から百万円前後、挙式間近でも、数週間前から前日までの施術で数万円から十数万円程度です。式場によっては併設されているエステサロンもありますので、お試しで受けてみられてもいいでしょう。

もちろん、ダイエットやお肌のケアは自分でもできますが、やはりプロにしてもらうと仕上がりが違います。自分ではできない部位のケアや、脱毛までありますので、一時的とはいえ、晴れ姿をグレードアップさせるのはお勧めです。

【お悩み】ウェディングドレスが似合いません…

Q.私は40代後半、彼は30代後半のカップルです。現在結婚の準備を進めているのですが、ドレスの試着をしても今一つしっくりくるものがありません。私が少しぽっちゃり体型ということもあるのですが、どうもドレス自体が似合わないようです。ウェディングドレスをやっと着れると楽しみにしていた分、ガッカリです。

A.他の方のご意見がないので何とも言えませんが、あなたの思い込みということはありませんか?期待が高かった分、セルフイメージと実際の着合わせとがかけ離れてしまい、ドレスが似合わないと思ってしまうことは良くあります。ご家族や彼は褒めてくれているのではないでしょうか。

一言で「純白のウェディングドレス」と言っても、オフホワイトやパールホワイトなど、白にも微妙な違いがあります。また生地やデザインによっても見た目が左右されるものです。試着するウェディングドレスの色が、パーソナルカラーと合っていないのかもしれません。パーソナルカラーは、人によって異なりますので、一度診断してもらうべきでしょう。ネット上でも無料の診断ができますが、この際ですからきちんとカラーコーディネーターに見てもらいましょう。後々の普段着選びにも使えますので、結婚式限りの出費にはならないはずです。

思い切ってドレスをやめて、純和風の式にするのも一つの手です。和装は恰幅の良い人ほど似合うようにできていますし、体型もある程度ごまかせます。彼の袴姿も楽しみになりますし、しっとりとした大人の雰囲気の挙式ができて、一挙両得ですね。

【教えて】結婚12年目の挙式は、どうすればいいのでしょうか?

Q.結婚12年目の40代夫婦です。子供は2人、11才と8才がいます。結婚当時はお互いお金がなく、式は挙げずに入籍のみにしました。ですが、上の子が「どうしてお母さんたちの結婚式の写真ないの?」と言いだしたことがきっかけで、簡単でも結婚式をしようか、という話になりました。でも、どうすればいいか、さっぱり分からない状態です。ごく身内だけでする予定ですし、一般的な結婚式のようなお金は掛けられません。こんな私に、イチから教えてください。

A.お子様の言葉がきっかけなんて、素敵なご夫婦ですね。何より、お子さんと一緒にバージンロードを歩けるのは嬉しいですよね。そんなお二人に、イチからお教え致します。

まず、式場はどこでも良いのです。ホテルの会場を押さえようが、オシャレな居酒屋を貸し切ろうが、あなた方の好みです。期間限定で小規模式を格安でできる結婚式場もあります。それに、新婚カップルと違い、急ぐ必要がありません。じっくり選び放題なのです。ごく身内だけの式なら、予定も合わせやすいので、招待する人たちと一緒に良い日取りを決めるのもいいですね。

入籍後数年以上経ってからの結婚式では、ご祝儀は辞退します。招待状にその旨を書いておくといいでしょう。それでもいくらか包んでくれる方もいらっしゃいます。その時はありがたく頂戴しましょう。お祝いの気持ちですからね。地方によっては、会費制にすることで、ご祝儀の用意を不要にすることもあるようです。

演出も形式にとらわれず、自由にカスタマイズできます。プチパーティー式にするのも良いですし、きちっと改めて挙式するのもアリです。軽装指定をして、出席者にも少し楽な気持ちで来てもらうのもいいかもしれませんね。また、できるだけ手作りですると、温かみも増しますし、費用も浮かせることができるのでお勧めです。

イメージが湧きづらいなら、ウェディングフェアなどに家族で遊びに行くのもいいでしょう。引き出物のお菓子の試食や、お料理の試食ができるところもあります。意外とお子様連れの方も多いので、気兼ねせずに済みますよ。プランナーともお話ができるので、そこで見積もりを出してもらってもいいですね。

【心配】急な挙式でも大丈夫ですか?

Q.彼の仕事の関係で、海外に移住することになりました。その前に国内で式を済ませてしまおうと考えているのですが、移住までにあまり余裕がなく、式のことを考えると半年を切ってしまいます。普通は1年前くらいから式場を押さえて準備に取り掛かるのでしょうが、あと半年もない状態からのスタート…正直準備が整うかどうか怪しいです。それに、招待状発送も式の1ヶ月前ぐらいになってしまいそうです。連絡のつく友人や親戚には、事前に結婚式のことは伝えてありますが、あまりにバタバタしすぎでは?と不安になってしまいます。こんなに急な挙式で粗相がないか心配です。

A.移住前に結婚式は大変ですね。しかもあと半年もないとのこと。通常の倍のスピードで打ち合わせや準備をしなくてはならないことになります。ですが大丈夫。おめでた婚の場合、妊娠発覚から安定期までの数か月で挙式する方たちもいます。なので、まだ半年もある、とも考えることができます。

招待状は、最優先で発送されてはいかがでしょうか?結婚式はまず衣装を決めるのが先、と言われていますが、さすがにおめでたでない挙式で、1ヶ月前の招待状発送では遅すぎます。せめて2ヶ月前までに発送、1ヶ月前までに出欠確認ができるようにしておきましょう。

式場の方でも、急な挙式への対応をしているので、スケジュールはタイトになりますが、1回1回の打ち合わせをじっくりすれば心配はありません。プランナーも式場スタッフも、年間何十件、何百件と結婚式をお手伝いしてきたプロです。当日の進行などは心配せずともお任せください。

一番失礼に当たるのは、招待状の宛名を間違えたり、受付や余興を頼むのが遅くなることです。そこは貴方達の手配次第ですので、焦っていても手落ちがないようにしましょう。

【不安】極度の緊張症で、高砂席にいるのが耐えられません

Q.ご相談させてください。私は精神面に不安があり、心療内科などに度々掛かっています。こんな私でもご縁があり、結婚することになりましたが、結婚式を無事に乗り切れるか心配です。精神面の問題で婚期を逃し、40代になってしまった私が、ドレスを着て高砂席に座り、皆に注目されるのだと思うだけで心臓がバクバクしてきます。無理そうなら披露宴はやめて挙式だけにするか、披露宴を身内だけで簡単にしてもいいと周りは言ってくれていますが、それも悪い気がします。

A.まずは結婚おめでとうございます。精神面に不安があるとのことで、今まで色々不都合があったでしょう。しかし、それを乗り越えて、良き伴侶とも巡り会えておられる。頑張って来られた証拠です。二重におめでたいですね。

結婚式は、どんな人でも緊張してしまうものです。ましてや、大勢の人の前で主役として居る経験などほとんどありません。どうしても具合が悪い時は中座することもできます。元々、お色直しなどで花嫁さんはあまり席に座っていることが少ないですからね。

また、注目はされども終始高砂席を見ている人はまずいません。お料理を楽しんだり、お酒を楽しんだり、友人たちと盛り上がったり…案外注目されている時間は短いものです。なので、あまり心配し過ぎないことです。幸い、周りの方にご理解があるので、不安が拭えない時は、遠慮せずに自分の状態に適した式を挙げられてください。主役はあなたと彼なのですから。

【Q&A】神前?人前?何が違うの?

Q.ちょっと疑問に思ったもので、質問させてください。結婚する予定があるのですが、結婚式は普通、教会や式場で神父の前で愛を誓い合い、指輪交換をして誓いのキスをするものだとばかり思っていました。けど、自分がいざ結婚することになり調べてみると、神前式、人前式など、色々な挙式スタイルがあることを知りました。でも自分も彼も、両家の誰もクリスチャンでもありませんし、お寺の宗派はあるようですが、特に仏教徒というわけでもありません。これらは何が違うのでしょうか?

A.外国では、特定の宗教に属している方が多く、その宗教の挙式スタイルで結婚式をしますが、日本ではどちらかというと無宗教が多数派ですので、神前式、仏前式、キリスト教式、人前式(じんぜんしき、ひとまえしき)、挙式はしないなど、ある意味自由に挙式スタイルを選べると言えます。

式を挙げる場合の違いですが、誰に結婚を誓うのか、というのが大きな違いです。神前式では、神社の神様と、両家の氏神、祖先神の前で誓います。仏前式では、お寺のご本尊、つまり仏様に結婚を誓います。キリスト教式では、ご想像されていたスタイルで行いますが、正確に言えば、キリスト教式を真似たものになります。一口にキリスト教と言っても分派があり、本格的なものは意味合いや細部が違ってきます。共通するのは、イエス様に結婚を誓っていることですね。そして人前式ですが、これは名前の通り、人の前で結婚を誓うものです。基本はキリスト教式に倣うものが多いのですが、神父はおらず、代わりにご両人の親友や親戚が立会人になります。立会人に結婚を誓い、承認したとして拍手や鐘を鳴らすなど、自由で様々な演出があります。

また、神社の雰囲気が好きだ、お寺が好きだ、という理由で挙式スタイルを選ばれる人もいます。要は自分の好みですね。日本ならではの光景です。神前、仏前だからと言って、必ずしも和装でなければならない、なんてこともありません。完全に自由です。あなた好みの挙式をされてください。

【ご質問】結婚式に掛かる予算の相場を教えてください

Q.こんにちは。来年挙式を控えた40代、女性です。遅めの結婚ということもあって、彼と私の貯金額も十分にあり、資金面の不安はないのですが、参考までに結婚式の相場を教えていただきたいのです。友人たちは若いころに結婚した人が多く、貯金もなかったため簡素な式か、写真だけで挙式も披露宴もしなかったという感じです。30代で結婚した友人は、都会で挙式したためか、400万円以上掛かったと言っています。そんな感じで情報がバラバラなので、地方での挙式と披露宴に掛かる費用を教えてください。

A.はい、こんにちは。予算は心配しなくていいが、相場を知りたいとのこと。確かにお金はいくらあっても足りませんし、安く済むなら越したことはありませんよね。結婚式(ここでは挙式+披露宴の意味にしますね)の平均金額は、300万円~400万円と言われています。これはあくまで概算ですので、招待客の人数や式場オプション、お色直しの回数など内容によって増減します。

また、地方だから安い、都市部だから高いとは限りません。むしろ、都市部の方が競争相手が多いため、キャンペーンや格安プランなどの値引き合戦が活発だったりします。地方部もピンキリで、周りに競争相手がいない式場だと、逆に高くつく場合もあります。

ブライダルフェアなどを利用して、色々な式場を見学してみましょう。そこで実際にプランナーと相談し、見積もりを出してみてください。意外とここが安かった、という式場が見つかる可能性があります。注意したいのが、見積もりに含まれない金額、持ち込み料やメイクリハーサル、結婚式での飲み放題の代金です。飲み放題なんて必要?と思われるかもしれませんが、その場合、見積もりのままだと招待客には1~2杯ほどしかお酒が出ません。お酒を飲まない人が多いなら良いかもしれませんが、ジュースなどのソフトドリンクも同じく1~2杯しか出ませんので、飲み放題は追加しておいた方が無難でしょう。

予算を安く済ませるコツは、プロに頼むところは頼み、自分たちでできるものは手作りすることです。ですが予算の心配がないとのことですので、少々高くつくとは思いますが、全てプロにお任せしてみてもいいかもしれませんね。

【お悩み】二人のウェディングムービーが長くなってしまいます

Q.相談させてください。40代前半と後半のカップルです。自分たちでウェディングムービーを作ることにしましたが、写真や動画を詰め込むと、かなりの長さになってしまいます。載せる写真も絞り込んだつもりでしたが、生きた分思い出も多く、どれも捨てがたいものです。ネット上にある、他の人のウェディングムービーも参考にしましたが、皆さん若い分あっさりと短めになっています。どうすればよいでしょうか。

A.ご本人が作るウェディングムービーは、思い入れが強い分、温かみのある仕上がりになりますよね。見映えや技術はさすがにプロには敵いませんが、世界でたった1本の、オリジナルムービーになることでしょう。

ご相談は、ウェディングムービーが長くなってしまうというお悩みでしたね。それだけ良い思い出がたくさん詰まった人生を、お互い歩まれたのでしょう。ご親族や親しいご友人なら、いくら長くても飽きませんが、職場の人や、あまり交流の深くない方には少し退屈かもしれませんね。

プロがムービーを作成する場合、だいたい5~7分を目安にしています。見ていて疲れない、ほどよい時間なのです。ですが、ネット上でアップされているウェディングムービーを拝見しますと、5分弱~10分超のものまで様々です。飽きさせないムービー演出ができるなら、少しくらい長くなっても大丈夫ですよ。それでも長すぎる場合は、特に思い入れの強いものを再度ピックアップし、残りの画像や動画は短めに流すようにされてはいかがでしょうか。画像が10枚あったとして、1秒ずつ短くしたら10秒短くできますね。1秒は意外と長いものです。テロップなどを入れないのなら、ムービー演出にもよりますが、1枚2~3秒以下にできます。素敵なウェディングムービーが作れるよう、頑張ってくださいね。

【教えて】お色直しはするべき?

Q.お色直しのことで教えてほしいのですが、通常は何回するものでしょうか?結婚が遅かったので、当人同士より、両家の母同士が盛り上がっていて、ドレスの試着でアレもコレもと勧めてきます。予算の関係で、お色直しはしないか、多くても1~2回で抑えたいのですが、お色直し分は出すからこれを着てほしいとせがまれています。あまりお色直しが多くても、披露宴が長引くので、自分も招待客も疲れそうです。普通は何回までだよ!という説得ができれば、諦めてくれると思うのですが…。

A.おやおや、お母様方がウキウキされているのが伝わってきますね。仰る通り、お色直しが多ければ多いほど、予算も高くなりますし、披露宴も長丁場になってしまいます。最近はお色直しをしないというカップルも増えていますね。

見る分には楽しいお色直しですが、実際に着替える本人は大変です。3回以上のお色直しとなると、花嫁がほとんど座れない、忙しい披露宴になってしまいます。ただでさえコルセットで締め付けられ、ほとんど口にできないお料理を、味見もできないのも悲しいですね。それに、主人公が1人いないのは、招待客も寂しいものです。

良い方法があります。それは、前撮りの時に2種類衣装を撮ってしまうのです。両家のお母様の好みの衣装を1枚ずつ、きちんと写真に残せれば、お母様方もご満足されますし、式のお色直しも省略できます。前撮りスケジュールが厳しければ、披露宴後に改めて写真撮影をされても構いません。娘の、お嫁さんの晴れ姿が見たいのですから、時期はいつだっていいのです。うんと親孝行をされてください。

【心配】結婚式のイメージが湧きません

Q.困っています。適齢期を過ぎて、もう結婚はないと思っていた私が、この度結婚することになりました。ですが、結婚に対して醒めていたためか、自分の結婚式のイメージがどうしても湧きません。プランナーさんとも話合いましたが、サンプル写真を見ても、このドレスを着てこんな風に式場にいる自分が全く想像できないのです。披露宴はせずに、挙式だけで済まそうと思っているのですが、お互いの両親が楽しみにしていて、披露宴を避けることはできそうにありません。どうしたら良いでしょうか。

A.それは困りましたね。適齢期を過ぎた花嫁は、表面上醒めてはいても、いざ式が決まると潜在的なイメージが溢れてくるものですが、あなたは本当に醒めきってしまわれたのですね。でも大丈夫。打ち合わせを重ねていくうちに、楽しみになってくるのですよ。

ドレスの試着はしましたか?純白のウェディングドレス、色とりどりのカクテルドレス、和装、どれも結婚式でなければ着られないものばかりです。お色直しを考えていなくとも、試着を繰り返すうちに、自分の好みのドレスに辿り着きます。そのドレスに合う会場の雰囲気は何にしよう、演出はこれがいいかな、新郎のタキシードはこの色が合うかな…と、どんどん気持ちが膨らんでいくはず。大体のイメージでも良いのです。細かいことは、プランナーさんと打ち合わせれば良いのですから。

ご両親が楽しみにされているなら、ご両親が喜びそうなドレスを選ぶのもアリでしょう。入場時の内掛けや、お色直しのドレスに取り入れるのもいいですね。せっかくの披露宴なのですから、皆が楽しめるようにできれば、心に残る素晴らしい式になります。さあ、まずはドレス選びから始めましょう。

サイトマップ